2014/04/09

真央ちゃんの伝説の衣裳…

先日..大好きなスタイリストさんでデザイナーでもある
安野ともこさんのアトリエに遊びに行かせて頂きました。

安野さんは女優さん、雑誌などでスタイリングやお衣裳を作られてたり、
ご自身のアクセサリーブランド「casuca」で
すてきな世界観をお作りになっています。

そして!今回は浅田真央ちゃんの衣裳をデザインもされております。

私がアトリエにお伺いした時にドアを開けると..なんと!!!!
あの、、号泣しながら見たソチの伝説のフリー..で着られた衣裳が!!!

見た瞬間にもう目頭が熱くなっちゃいました。。

昨日からはじまった日本橋高島屋で行われる
「浅田真央、23年間の軌跡」展用にお衣裳のお直しをされていて..

そんな時にお邪魔できて幸せ過ぎました♡

 

細かいスワロフスキー達を数千個..ひとつひとつコテで付けていきます..
作業をされている安野さんに質問攻め…
これはどういう理由でこの素材だったんですか?とか…
素材や伸縮のことなどなど..

デザイン画を描いて、真央ちゃんに観て頂いて、すぐに制作に入って、

フィッティングして..修正して,修正、デザイン変更などの繰り返しだと…

あの激しい動きにも耐えて..体にもフィットする素材とデザインを共存させていくって..技術的にも大変..

その上、大人になった真央ちゃんにも合う..曲のテーマにも合わせる..

伸縮性を計算にいれてのパターン..衣装の飾りが演技中にはずれると減点対象にもなる..
細かく細かく繊細に..しっかり作っていくという…凄い作業…

ショートは朝やけをイメージした色で..真央ちゃんもそうで徐々に花が咲く準備を
していくイメージで…シルクの素材やそのブラデーションの染め方などに
こだわられたそうです。

 

こんなに凝った作りなのに伸縮性もあって、

腰のラインとかしっかりフィットさせてる…

 

私は高校生の時に雑誌に毎号出てる安野ともこさんに憧れて,憧れて..

18歳で東京に住み出して、代官山で歩いている安野ともこさんを見て

感激したのを今でも覚えています。憧れの人..

お仕事を通して初めてお話させて頂いた時も泣きそうになりました。。

その後もご飯に誘って頂いたり、仲良くさせて頂いていて..

 

真央ちゃんのソチの直後,,安野ともこさんがFBでコメントされていて..

「真央ちゃん。
ありがとう、そして、おめでとう。

どんな映画を観るよりも素晴らしい生のドラマ。
感動、という一言ではとても言い表せない。
何十年かぶりに声をあげて泣いてしまいました。

みんなが今日、覚めらやらぬ幸せを噛み締めてそれぞれの毎日を始めていますよ。
あなたの究極の涙と笑顔をリフレインさせながら。

あなたと、同じ時代に生まれ、そして関われたこと、神様に感謝して。

そして今日の日は、一生の宝物です。」

これを読んでまた涙しました。

安野さんもお疲れさまでした!

ぜひ!皆様も日本橋高島屋に観に行って生の衣裳観てみてください!
ショートの薄紫の衣装は..ソチの時に大きく転んだ時に
できたシミがまだ残っておりました。

安野さんはそれをわざと残されて展示させようと思って..と…涙…

&この展示は全国をまわるそうです。