2011/12/11

オノ・ヨーコ

以前にもこの日記でなんどかオノ・ヨーコさんの事を書いた事があります。

高校生の時に美術大学受験の為に別でアートの学校にも通っている時に
マルセル・デュシャンに衝撃を受けて、そこからフルクサスの表現方法に
ハマっていきました。

これは当時のフルクサスの表現に傾倒した人達の作品や
招待状、フライヤーなどをまとめた本..
かなり貴重な本です…これを古本屋でみつけた時はドキドキしました…
値段はかわいくなかったですが、今、手に入れないと..二度と出会えない..と
奮発したのを覚えています。

アフガニスタンの戦争が始まった時にヨーコさんが
新聞に一面「imagine」と一言載せた時に涙が出ました。

常に「シンプルにあたりまえの真実」を表現してきたヨーコさんから
沢山の事を教えられてきたと思っています。

今回はお仕事の相棒BulsaraのVMDいちこさんが教えてくれて
代官山のできたばかりの話題のスポット蔦屋書店でヨーコさんのサイン会があると
しって日曜日の朝から行ってきました。

今回は未発表の
作品を息子さんのショーンが監修してまとめた絵本…
「AN INVISIBLE FLOWER “見えない花”」のサイン会…

以前のヨーコさんの事をご紹介させて頂きましたが、、、
これが私の集めてきたもの…

一番の宝物は作品「a Box of smile..」

いちこさんのお蔭で整理券番号11番…当日は300人以上だったのでは…
撮影禁止なんで様子はお見せできないのですが…

ドキドキしながら待っていて初めにショーンのメッセージが映し出されて、
「震災になった日本でこの本を出したかった…」と…

そしてご本人が登場されて、ジョンとの不思議なつながりの話をしてださり、
いよいよスタート…

並んでいる時に「好きなページを開いてお待ちください。。。」との
アナウンすに迷わずに「yes」と一言だけ描いていあるページを…

そしたら、ヨーコさんが間違ってとなりのページにアルファベットで
サインをしてくださり,,,

で、思わず,,,「あ、yesのページ…」と言ってしまったら,,

これはね太陽なの…っておっしゃってくださいり
私もハっとして「あ、大丈夫です。ありがとうございます..」と
私の正直な視線が感じてくださり,,,(恥ずかしい…)
優しい笑顔で「じゃぁ何か書くわね..」と私の大好きな字…
あの、カタカナの「オノ・ヨーコ」と書いてくださいました…

このカタカナのオノ・ヨーコというサインが大好きで..
天にも昇る気持ちでした..結局2カ所..という…

はぁぁぁ〜…しばらくふわふわしていて…興奮しておりました…
その後、一緒に行ったyoshiko☆creation Parisのヨシコちゃんを待っていると
サインを頂いた人達が笑顔で出てきて…
みなさん、ヨーコさんの優しい笑顔とパワーを頂いて思わず、笑顔で…

それを見ているだけでも幸せになりました…

その後、今回の恩人のいちこさんとyoshiko,
前の日も家でホームパーティーを一緒にしていたパリから来ている
フォトグラファーのタカオとAude夫妻と合流してランチ…

温かなメンバーの温かいサンデーアフタヌーンでした…

はぁ〜幸せでした…

この絵本、、本当に素晴らしいです。

皆様、ぜひご覧ください。

オノ・ヨーコ「An Invisible Flower”見えない花”

2011/12/11

直島/cocofuku

cocofukuの春夏のカタログ撮影で直島に行ってきました。

cocofukuは 日常のの生活と旅をテーマに展開しております。

今回は定期的に訪れている直島の旅がテーマ…
行った事がある人も多いと思いますが、島全体がアート…

直島には世界各国から人が訪れている日本が誇る素晴らしい島です。

私も毎回、隣がベルギーの建築家ご夫婦だったり、
今回もアメリカからいらした建築家ご夫婦と知り合いになりました。

ウォーホル、杉本博司さん、草間弥生さんなどの作品が
島全体にちりばめられております。

さ!出発…
羽田に集合…快晴の東京は気持ちがいい…

高松に降り立って、フェリーに乗り換えて直島へ…
まずは高松でさぬきうどんを…
「るみおばあちゃん」で有名な池上製麺所で…


みんな笑顔でぺろり…

着いた港にまずは草間弥生さんの巨大カボチャがお出迎え…

プライベートだとベネッセのオーバルというホテルにステイするのですが、
今回は撮影チームの大所帯…
海の目の前のモンゴルのパオにステイ…

一泊4000円という学生価格で楽しめます。
*ちなみにお風呂はないです…
お風呂付きのお部屋を一つとってみんなで交代で入りました…

でも!中は別世界…モンゴルチックな不思議空間…

ムードメーカーで大好きなスタイリストの竹渕さんは
きゃぁ〜と喜んで柱に昇ろうとしました。笑。

そして、撮影…

フォトグラファーはHamiruのヴィジュアルをいつも撮ってくれている
ご存知、水谷太郎

アートディレクターはエココロなどでおなじみ…
そしてずっとお仕事してみたかった
天才、峯崎ノリテルくん…

H&Mは天然なかわいいナライちゃん
初めてでしたが、楽しい空気で大好きになりました。

そして今回のモデルは女優の市川実和子ちゃん…
本当に気持ちの良い素敵で幸せな笑顔…
撮影も盛り上げてくれました。

撮影は着々と…弾丸撮影ツアーのタイトな時間の中、
良いものが撮れていく….海のきわきわでの撮影…

制作は敏腕エディター石井麗子…もう15年以上の信頼関係…
この人がいるとなんとかまとまる…素晴らしいです。

cocofukuのプレス…がんばり屋さんの佐藤明子は終止、集中〜…
ほんとガンバる女なんです…最後まで緊張感もって挑んでおりました.

カタログの配布は1月中旬を予定しております。
全国のcocofukuショップで…ぜひ、手に取ってご覧ください。
また仕上りましたらお知らせ致しますね。

2011/12/09

Bulsara Staff募集

Bulsaraの青山店、有楽町店ではshop staffを募集しております。
履歴書の送り先 
〒150–0033 東京都渋谷区猿楽町14-13
Tel 03-5428-3334
担当 坂下宛… 
履歴書と全身写真をお送りください。

2011/12/02

pina /a film for PINA BAUSCH by WIM WENDAERS

天才舞踏家pinaの作品を巨匠ヴェンダースが3Dで撮ったと話題の
「pina」の試写会に行ってきました。

この冬一番の寒い日、厚着をして出かけた。
一人で試写会にいくのは久しぶりです。
そして3D嫌いな私…どう感じるかな。。

この映画は一言でいうと素晴らしいです。本当に素晴らしい。
その一つはもちろんpinaの限界のない表現への追求心を映像美からも
舞踊団のメンバーの言葉からも溢れ出ている素晴らしい作品..

もう一つは3Dで芸術作品はちゃんと表現でき、もっと可能性が広がる事を
証明した作品でもある。ヴェンダースはやはり深く美しく向き合った3D作品を
観る人を裏切る事なく表現しきったと感じました。

以前に多分、2005年あたりだったと思いますが
私はpina率いるヴェッパタール舞踊団の舞台は見ています。

もちろん彼女はもう踊っていません。
急に行く事になり取ったチケットは後ろの方…
まー、今さら取ったからしょうがない…とがっかりしながらも
当日いくと、ほんとに後ろ.最後尾から5列とか..よりがっかり…

と!思いきや始まる直前、なんとpinaご本人がすぐ後ろに座った…
すごく興奮したのを覚えています。

これがその当時に買った名作「cafe muller」などが載っている写真集…

2月25日 全国順次3D公開です。
都内は新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町など…

これこそ、映画館で観るべき芸術作品です。
皆様、ぜひ。。。というか、必ずご覧ください。ね。