2011/06/20

炊き出し6山元町

candle juneくん率いるLove for Nipponと一緒に
宮城県の山元町に行ってきました。

今回は平日にしか行けないチームをお誘いして行ってきました。

中目黒の青家の青山ゆきさんとスタッフの皆様、
仙台でStar Bucksチャリティーツアーを終了して合流してくださった
ミュージシャンの斎藤誠さん、
StarBucksの敏腕プレス西垣くんはじめ仙台のスタッフの皆様。

この日はお天気も良くって気持ちの良い日。穏やかな日。
避難所には衛生士さんも入っていてそこに雇用も生まれてきていたので
あまりお邪魔にならないように今回はデザート炊き出しに。

「青家のとなり」本当に青家のとなりにある和菓子屋のカフェ…
震災直後にオープン…ゆきさんの思い入れもあるお店。すごく素敵です。

これは青屋のとなりのメニュー♡美味しそうでしょ。。。

今回のデザート炊き出しメニュー

現地で目の前でゆきさんが手作り「わらび餅」を仕上げてくれてる。

準備ができたら山元町の役場から流している「りんごラジオ」に出演。笑。
斉藤誠さん、ゆきさん、スタバの仙台で働く山元町出身のスタッフさんと私。
皆様の想いがいっぱいのコメントを聞いて感動しちゃいました。
もはや泣きそうになったもん。(いや、泣いてた。)
自分のコメントは泣かずにがんばって話しました。

このラジオを聞いて仮設住宅からも人が来てくださいました。
やはり仮設住宅に入ると何かイベントがあってもわからないらしく
この地元のラジオが頼りだそうです。良かった。。

さ!炊き出し準備もできました。
スタバ仙台店のパートナースタッフ達、、、
みんな楽しくていい子達で元気頂きました。

スタバの広報の足立さんと敏腕プレスの西垣王子。今回の蔭の功労者です。

Love for Nipponの主催でロウソクも作れます!のcandle juneくんとパチり。
HRHから左からスタイリスト近田まりこさん、Hamiruのsary ちゃん、
佐野☆監督のMG&奥様のゆいこさん、

「はい!きゃんどる!」でシャッター押すのが流行りました。

地元のおばちゃん達とすっかり仲良しのキャンドルさん。笑。
皆様に「キャンドルさん」とか「ジュンちゃん」と呼ばれて親しまれている。

青家のスタッフさん達、寝ずに準備してきてくれました。
みんなcocofukuのエプロンをすっごく気に入ってくれて。。嬉しいです!

豆乳の抹茶のカップケーキ
裏に一つ一つ笑顔が手で描いてあって、子供達が大喜び♡

私もそうでしたが、この日はゆっくりでたくさん皆さんとお話できたり
炊き出しする側もかなりリラックスして温かい気持ちになれました。

そして、、
よりその温かい気持ちを引出してくれたのがミュージシャンの斎藤誠さんの唄。

自然に唄が始まって、ぽかぽかお天気でまわりに子供達が走り回って
私達もゴロっとして穏やかな弾き語りを
みんながのんびり聴いているという素敵な空気。

仕事が次の段階に入ってきて、正直ちょっと疲労が溜まっていた私には
平日ののんびりとした避難所とみなさんの空気に助けられて笑顔がある
温かい気持ちと本来の目的に立ち返る事ができた意味のある
炊き出しになりました。

そして、
Hamiruをお休みにしてうちのスタッフも連れて来ました。
スタッフを被災地に連れて一緒に動きたかった。
自分の仕事の中では教えきれない事を感じ取ってくれていて。

以前から炊き出しの後方支援を手伝わせていたのですが、
本当に動きが良くなってきていて。。

前に聞いた話ですが、アメリカのスターバックスがカトリーナの災害の時に
現地で役員会議をして、そのままスタッフ達をボランティアに参加してから
会社でのマンパワーが増して会社としてとても成長し今のスターバックスの
土台ができた、、という話がありました。。

山元町のあと亘理町のボランティアセンターにコーヒーのサービスに。。
そこへアメリカのアナハイムからボランティアに来ている学生達が。。。
びっくりしました。原発の問題で日本に居たくない人達がいっぱいの中。。
わざわざ。。。ありがたいですよね。。
スターバックスのスタッフ達と記念撮影。

泥だらけで帰ってきて、、本当にありがとうございます。。

すっごくその意味が分かります。
ボランティアを行う動機がシンプルな事を沢山の人が関わるから
報告や相談や確認の連続でそれが仕事の中に生かされると思うんですよね。

会社ぐるみや学校ぐるみでボランティアに参加されると
とても良い経験になると思います。

ちょっとこの後、自分の仕事が忙しくなる時期に入って
ちょっと現地に行けませんが、後方支援でがんばります。
真夏にちょっと落ち着くのでまた現地にお邪魔しますね。

あ!すっかり斉藤誠さんのファンになっちゃいました。
あの空気感、素敵すぎでした。涙が溢れそうになるのを押さえてました。
斉藤さんの人間性もとても温かく自然体な方で
こんなに目に曇りがない人を久しぶりに見ました。
次の日にすぐにダウンロードして毎日ヘビーローテーションですよ。笑。
「別に奇跡なんかじゃない」と「天気雨」が最高です。

震災以降、音楽を聴く気分になかなかなれなかったけど、、
これから聴けそう。。音って凄いんだね。。。
斉藤誠さん、ありがとうございました!

+++++++++++++++++++++++

今回の炊き出し支援

スターバックスさんアイスコーヒー 500杯分
青家のとなり わらび餅/豆乳入り抹茶のカップケーキ/
       バナナのキャラメルプディング
HRH      アメリカンチェリー

斉藤誠さん  温かい「唄」

東京スタイル cocofuku からエプロン20枚ご支援頂きました。
      これをしていると皆さん欲しがってくださいます。
      良いリネンを仕様しているので洗っていく程に味が出てきます。
      とても機能的に作らせて頂いております。
      Iphoneを入れたり、タオル掛けやペン入れもある。

2011/06/18

炊き出し5「雄勝」

デザイナーとしての仕事が落ち着く5月6月のうちに
できるだけ行こう。。と決めて、
炊き出しをし始めて1ヶ月半が経ってきました。

震災から3ヶ月目にあたる6月11日はHRHは雄勝と牡鹿半島にいきました。
*牡鹿半島の様子は寺本りえ子さんのブログで詳しく。。。

私達はあまり支援が行き届いてない場所を探して
どんどん奥へ、深くへ行くようになっていました。

廃墟の軒下で炊き出し準備。
今までで一番の悪条件。。
雨、水もガスも電気もない場所で260人分の食事を作って
仮設住宅、避難所2カ所に持っていく。。

まだまだ町はこの状態。。進んでいないエリアにいくと
この光景が永遠に続いていってる。。。

この建物の前で炊き出しをしました。

またあっという間の炊き出し。。
写真を撮る余裕もなく終了。。

何度も一緒に行っているファッションな人なのに料理人、野田しんちゃんと
ドライバーの堀江くん。。。すっかり相棒です。

目の前に、、こんな木彫。。。どこかのエントランスにあった様な印象。。
コンクリートの建物の壁すべて流されたのにこの木彫がしっかり残っていた。
不思議な光景。。。

そして611の246…. 雄勝を出発した直儀に午後2:46..
こんな大きな橋の半分が流された象徴的な場所で
黙祷しながらガタガタの砂利道を走っていきました。

この一ヶ月半、取り憑かれたように被災地に通ってきました。
私達にできる事はないと思っています。
ただ、「美味しい」という野性的な感覚の一瞬の時間をお作りするだけ。
その一瞬を大事に大事に気持ちをいっぱい入れてきた。

不謹慎かもしれませんが、、、
この悲しみの荒野を「神々しいほどに美しい」とさえ思ってしまっています。
尊い犠牲を払っても地球が伝えたかった何かを知りたい。
それを知っていくのには何年もかかると思っています。

最後に届けた避難所のおばちゃん。笑顔がキラキラ。
荒野の奥のこの笑顔を見るために通っているようなものです。

このブーツ泥だらけ。。でも宝物。
一昨年に長年の夢だったブータンを旅し、ずっと行きたかった
聖地「ポプジカ」の美しい盆地に降り立った時に履いていたブーツ。。

その時についた泥が愛おしくって、ブラシ一つかけずにずっと泥をつけたまま
置いておいた。。炊き出しに行き始めてからその泥ついたまんまで
このブーツを履いて被災地に行き続けている。

あの時、こんな日々が来るとは思っていなかった。
また落ち着いたらブータンをゆっくり旅したいな。

これがポプジカ…今までいった場所で一番愛おしい場所…
ヒマラヤ山脈の中、標高3200m 霧と龍と幸せの国….

チベット密教の総本山「ガンテコンパ」のお寺で出会ったおばあちゃん…
また行きたい場所です。

taromizutani

++++++++++++++++++++++++++++++++++

今回の支援

青家ー具たくさんのひじき煮、大根と人参の甘酢漬け 260人分..
   手作りわらび餅
トムズサンドイッチさんが材料の発注をしてくださっており、いつも安価で材料を
   購入させていただいております。
HRHの支援金からメインなどの食材等を買わせて頂きました。
   他、チェーンソーなども物資も買わせて頂きました。

今回の現地炊き出しスタッフ
牡鹿半島/
寺本りえ子さん
大下敬祐くん 
佐々木もとみKingさん
勝呂美智子さん

雄勝エリア
野田晋作シェフ
青山ゆきさん
河部菜津子さん
梅山弘子さん&音々ちゃん
柿木誠さん
鳴海美紀さん
堀江トシユキさん
カミムー
萩原玲子ちゃん
亀井純子さん
青家 わたるくん

HRHへの新規の支援金
       Vogue ファッションエディター渡辺俊さん
       H&M中野明海さん/2度目の支援金援助になります。
       作家 石井ゆかりさん/先日の古本市の売上げと
                HRHの募金箱を置いてくださいました。
       佐野監督&ゆいこご夫妻から二度目の資金援助頂きました。
       しぶや花魁様から売上金26000円(あえて公開金額)
       内山奈津子さん
       ZUBO
       丹 修一監督&寺本りえ子さんご夫妻
       江原恭子さん
       スタイリスト梅山弘子さん
       私の会社のHamiruからも支援させて頂きました。

(順不同)

2011/06/07

なんだかんだ#1生活篇

なんだかんだ、結局、長く使っているもの。

なんだかんだ、、

どうしてもIVORYの食器洗剤とボディーソープのアロエがやめられない。
食器洗剤に非常に弱い私の手…手袋せずに食器を洗うとすぐに腫上がってしまう..
色々、いろいろ試して結局IVORYが一番荒れなかった.

なんだかんだ

コストコにて傑作KARKLANDトイレットペーパー.

cote Bastide のイチジクのルームフレグランス 
もう何年使い続けてる?何本目だろう…

ご存知MARVISのハミガキ….味がすき…
&切れた頃にだれかのお土産でやってくる…笑…
パープルはジャスミン味…

MUJIの大判のコットン
化粧水をたっぷり染み込ませて毎日水分補給のパック..
.だからいつもスッピンでいられる…

ゴマージュ類…DHCの1500円のボディスクラブ.肩とかつるつるになる. 
プライスがかわいいからたっぷり使ってる.香りが◯
フェイス用はGamARdeのGommage Douceurこれきめ細かい…やさしい使い心地.

そして、

これからなんだかんだ使っていけそうな…

H&Mの中野明海さんがロケ焼けした私にお薦めしてくださったこのriAのオイル.
使い始めて1週間ちょっとかな。。

じわじわと..あれ?この中からのしっとり…ん?これって…と実感♡
これは「なんだかんだ」の予感…

そして、、、なんだかんだの予感2

Bulsaraオリジナルのバスタオル  今治のタオル
この使い心地、本気でヤバい…幸せ♡♡♡すぎる,…
これは柔軟剤を入れて洗うと劣化しちゃうので…
バシャバシャ洗う。。それでもすっごい使い心地♡

なんだかんだシリーズは食器や食べ物でもやろ!
次回をお楽しみに。

2011/06/03

Sweet Treat 311 登米市避難所篇

一緒にHRHとメンバーとしても活動している寺田めぐみさんは
Sweet Treat311のメンバーとしても活動しています。

Sweet Treat311はかなり早い段階から避難所の子供達に甘いSweetsを
届けて笑顔を引出している活動をされています。

今回の私達の登米市の避難所への炊き出しもご参加くださいました。
子供達の笑顔、見て欲しいです。

この子達の笑顔が未来に続きますように。